キャピキシル配合の育毛剤で髪の毛は生えるのか?

今育毛業界では、「キャピキシル」という新成分が非常に注目されています。キャピキシルはカナダの化粧品会社が開発した育毛成分で、ある実験データではあのミノキシジルの3倍以上の効果があると証明されている成分です。

ミノキシジルといえば一番有名なのが「リアップ」ですね。日本で唯一の発毛剤として、CMでもバンバン宣伝されていましたし、手軽に薬局やドラッグストアで手に入れることができます。

しかし、そんなリアップを含めたミノキシジルにはリスクがあります。それが、頭皮の炎症や痒み、顔のむくみ、頭痛、多毛症、動悸などの副作用です。使用者のなかには、たしかに薄毛改善には効果があったけど副作用がきつくて止めざるを得なかったという人もいるくらいです。

そんな一長一短があったミノキシジルですが、そんなミノキシジルのデメリット部分である副作用のリスクがまったくないのが「キャピキシル」です。キャピキシルは医薬品ではないので、もちろんそういった副作用は一切ありません。

副作用もないうえに、従来のミノキシジルの3倍もの効果・・・これが注目されている理由です。

しかし、キャピキシル配合の育毛剤を使えば必ず毛が生えてくるのか?というと、それもまた違います。やはり個人差は大きく、抜け毛が減った、髪がしっかりしてきた、という人もいれば、まったく効果が感じられないという人もいます。こればかりはやはり試してみないことにはわかりません。

キャピキシル配合の育毛剤にも配合濃度や配合成分など、製品によってさまざまな種類があるので、まずは試してみる育毛剤を選ぶところから始められるといいでしょう。
フィンジア効果

コメントは受け付けていません。