入れ歯からインプラントにすることはできますか?

永久歯が虫歯や歯周病で抜けてしまうと、二度と新しい歯が生えてくることはありません。そこで、入れ歯を入れることで、ない部分をカバーすることができますが、粘膜の上にのせているだけなので、外れやすく、固い物が噛みにくいという面があります。入れ歯は、歯型を取るだけで治療することができます。保険治療なので費用も安いというメリットがありますが、噛み心地や見た目などに満足できない人は多いです。

そのような人のために、インプラント治療があります。インプラントは、歯のない部分の顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療です。おなじ歯のない部分に対して行う治療でも、粘膜にのせているだけの入れ歯とは異なり、チタンと骨が結合しているので、外れる心配がありません。噛み心地も自然で固い物も噛むことができます。使われる人工歯はセラミック製で透明感があるので、質感も本物の歯のようです。

歯を失ったから入れ歯にしてみたけれども、違和感があるのでインプラントにしたいと考える患者さんは多いです。入れ歯からインプラントへの治療の変更が可能かどうかと悩んでしまう人もいますが、入れ歯の後でもインプラント治療は可能です。治療方法はいくつか種類があるので、歯科医師に相談してみましょう。インプラントを扱っている歯科医院はまだ少ないので、取り扱いがあるかどうかを確認することも大切です。お口の状態に合わせて、計画を立ててから治療に入ります。

横浜にはたくさんの技術力の高い歯医者が多いので探してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。