医療脱毛と多汗症の関係について

多汗症の予防のために医療脱毛を受ける方も増えています。自律神経、ホルモンバランスの乱れなどが原因で発生する多汗症は、放置しておくと体臭を強くしてしまいます。

精神状態を安定させることが多汗症対策として効果的ですが、医療脱毛も非常におすすめです。汗をかきやすい方の傾向を見ると、人よりもムダ毛が多いことがあります。ムダ毛が多いと蒸れやすいですし、汗が逃げにくいので体臭が強くなってしまうのです。

医療機関でもわきが対策として、わきが脱毛を推奨しているところがあります。自宅でのわき毛処理と言えばシェービングでしょうが、実際に処理をした方はわきが臭が軽減するのを実感できるはずです。

 

医療脱毛が多汗症治療に効果的な理由は、ムダ毛を減らせるからです。減らすとは減毛のことであり、処理するたびにムダ毛を薄くすることを指します。自己処理でシェービングをしても、その瞬間はムダ毛がなくなりますが、再び生えてくるときは同じボリューム・濃さのままです。

減毛はサロン脱毛でも実感できますが、医療脱毛の減毛効果はその2~3倍にもなります。強力にムダ毛を減らすことで、体毛を減らして多汗症による体臭を抑えてくれるのです。医療脱毛によって多汗症そのものが改善することはないですが、体臭が軽減するのは間違いないでしょう。

ムダ毛が薄くなれば通気性も改善するので、汗が蒸発しやすくなります。体臭というのは蒸れやすい部位を中心に発生するので、体臭対策のためには通気性を改善することが重要なのです。

 

 

コメントは受け付けていません。