本当に知っている?化粧水の誤解:化粧水で保湿

肌が乾燥している状態では、皮膚の角質層に隙間ができてしまいます。その隙間はからは、肌に含まれる水分が蒸発してしまうので、どんどんと肌の水分が失われるという悪循環に陥るのです。

乾燥している状態だと、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も上手く機能せず、古い角質が残りますし、細菌などの外敵隙間から入り込んでしまいます。

そこで乾燥を解消するために、肌の保湿を行うわけですが、よくある誤解で化粧水をつければ良いと思う人が少なくありません。確かに、化粧水をつければ一時的に肌の表面は潤います。ところが、時間が経過すれば、やはりその化粧水も蒸発してしまい、再び肌は乾燥している状態になるのです。

それどころか、化粧水が蒸発するときに、肌に含まれる水分を奪ってしまうために、さらに乾燥が進みます。

これでは保湿効果はまるで期待できません。このために化粧水をつければつけるほど、肌は乾燥する事態になります

そもそも、成分を見てみると、ほとんどが水で保湿成分はあまり配合できないのが現実です。これは保湿化粧水と呼ばれるものですら、例外ではありません。

ですから、化粧水だけを付けて保湿をしようというのは無謀なことです。

だから、乳液で蒸発をしないようにフタをするという人もいますが、それもあまり効果はありません。

肌を潤わせた後に、フタをしたいのであれば、そのために皮脂と同じ役割を果たす油分を補給することが大切です。ですから皮脂と同じ成分であるセラミド配合の化粧品と組み合わせて使うことが理想的な使い方となります。

あと、もうひとつ化粧水の間違いで、レンチン化粧水があります。もし、普通にレンチン化粧水を遣っているとしたらとっても危険なのでやめましょうね。

コメントは受け付けていません。