皮膚科でもらえるニキビ薬

紫外線、生活習慣やホルモンバランスの乱れによって発生するニキビは尋常性痤瘡と呼ばれる立派な皮膚疾患の一つです。食生活や睡眠不足の改善、ニキビ専用のスキンケア製品を使用することで対処が可能ですが医療機関に向かうほうが症状を緩和する近見になることもあります。

皮膚科で処方されるニキビ薬にはまず、皮膚疾患の要因となるアクネ菌を減少させる外用薬が挙げられます。アクアチムクリームやダラシンローションと呼ばれる抗生物質がそれに当てはまりますが、白ニキビや赤ニキビが悪化して炎症を起こした時に使用されます。

抗生物質は内服薬もありルリッドやクラリスと呼ばれるものが挙げられニキビの炎症が重度の時に処方されます。アクネ菌を除去する以外にも対処方法はあり、肌に必要な栄養素であるビタミンCやB6などを摂取することもあります。

またピルや抗男性ホルモン剤を使用して、皮脂腺を刺激する男性ホルモンの量を抑える方法もあります。この他にはディフェリンゲルやトレチノインと呼ばれる外用薬は毛穴を詰まりにくくする働きでニキビの悪化を防ぎます。

それでもニキビの発症原因は始めの文章に記載したように生活習慣を初めとしたものであり、薬だけに頼らず根本的な原因を除去することも重要な治療手段です。

ロコイド軟膏は1日何回?使用上の注意《まとめ》

 

コメントは受け付けていません。