薄毛は対策より予防が大切!長期目線でじっくり予防を

髪の毛が多くある時から、薄毛にならないための予防生活を送ることは必要であると感じています。なってからでは遅いですからね。

シャンプーも安いものでは、薄毛となる可能性があります。値段がお安いシャンプーは、石油系の原料を多くつかうことがあるためです。またシャンプーで髪を乾かす時などにも、ドライヤーを直接にあてる様な乾かす方法などはとらないことも大事です。

美容院の店員さんがしているように、ドライヤーをもつ手は左右に動かす方法をとる事が大切です。そしてもう一方の手は髪の毛にあてているわけですが、ドライヤーの熱が直接あたらないようにと髪を揺さぶるようにとすることが大切となります。髪の毛に負担を掛けない事が大事です。

育毛剤をつかうことで、育毛効果を得たいものとなりますが、この際にも少し髪の毛一本が細くなり始めたころから、使う事も大切と思います。髪の毛には、今までとの変化を感じたい育毛剤となりますが、6か月以上継続して使う事も大切となります。

私が今旦那と一緒に使っているのはイクオスという育毛剤です。育毛剤とサプリがセットになっていて、値段もそこそこ安いので二人で愛用します。昔からある有名な育毛剤らしいですが、少し前に新しくなってリニューアルされたらしいですね。新旧の違いについてはこちらのサイトが参考になります。(参考:新旧イクオス比較

食べ物に関しても、髪の毛が薄毛にならないためにも大事です。脂っこいお食事も、頭皮に負担をかけるものです。やはり日本食は、脂っこくないもので、髪の毛に対しても生活には必要です。

薄毛とならなようにも、生活に焼きのりやいりこなどの亜鉛を摂る生活が大事です。眠るための、ゴールデンタイムがお肌にも髪の毛にも大切な時間帯です。昼間のストレスが掛かった髪の毛やお肌に、修復することができる時間帯となる為です。

このように、薄毛の原因や対策は色々あるのでどれが一つだけやっておけばOKというものでもありません。総合的に生活自体を改善して向上させていくことが一番の回復の近道になると思います。どれも時間のかかるものなので、長い目で見ながら少しずつ改善していくことが大切になります。

コメントは受け付けていません。