20代に多い肌荒れの原因について解説します。

20代は、思春期の頃の皮脂の多いニキビ肌が、段々と年齢を重ねるとともに、大人の肌になっていき、皮脂などが少なくなってきます。20代最初は、オイリー肌の人が多く、化粧水などのスキンケア商品も、オイリー対策をしているものがおすすめです。ファーストクラッシュなんかがオススメですね。ファーストクラッシュの口コミはこちら。

20代も後半くらいになると、保湿が欠かせません。潤いが少なってきますので、これまでと同じスキンケアをしていると、うるおい不足で、肌がカサカサに荒れてしまい、肌荒れの元となってしまいます。大人ニキビが生じるようになります。私生活が乱れており、昼夜逆転していたり、夜型の生活が続くと肌にとって負担が大きく、翌朝、頬やフェイスラインにニキビができています。

ビタミン不足でも、同じく肌荒れが起こります。適度に、毎日果物をとり、食事でビタミンを補うのが理想です。毎日、食事からビタミンが摂れないときでも、サプリメントなどの栄養補助食品でケアしてあげることが大切です。そして、ストレスのない生活を心がけるのが大切です。ストレスやお肌にとって大敵です。そして、適度な運動をすることが大切です。お風呂上りにストレッチやヨガなどをすると、心と体がリフレッシュしますし、健康のためにもいいです。柔軟運動をすると、身体が柔らかくなりますし、頭もさえてきますので、思考回路が働きます。

肌荒れの元となるような、暴飲暴食を控え、適度にバランスのよい食事と、質のよい睡眠、ビタミンを摂取することがおすすめです。

コメントは受け付けていません。